評論

1997年 「自己啓発セミナーと現代学生気質」中外日報 1997/2/15 1面 約3200字
1998年 「タイの開発僧」中外日報 1998/9/22 1面 約3200字
「続タイの開発僧-開発の再政治化と仏教の役割-」中外日報 1998/12/10 1、2面 約4000字
1999年 「カルト批判への展望」中外日報 1999/9/2 1、5面 約6400字
2000年 「単純なカルト批判は禁物-信者追い込む過程究明をー」朝日新聞 2000/5/9 夕刊5面、約2000字
「カルト、マインド・コントロールはなぜマスメディアに定着したか」中外日報 2000/5/16 1、7面、約7200字
「カルト問題はオウムだけじゃない!大人はもっと若者の声に耳を傾けろ!」東海教育研究所編『望星ライブラリー・1大事なことは30代に訊けーさよなら団塊の世代-』2000/10/28 約5600字
「北海道新宗教調査余話」ラーク便り 1200字
2001年 「青春を返せ訴訟札幌地裁判決の意味」約3200字 中外日報 2001/7/3 7面
「『宗教被害』裁判における布教・教化の諸問題ー統一教会元信者の『青春を返せ訴訟』」『国際宗教研究所ニュースレター 31号』2001/7/25 pp.2-7 約8000字
2002年 「東北タイで生き甲斐発見」中外日報 2001/5/16 4面 約3200字
2003年 「米国におけるカルト問題の研究動向」中外日報 2003/9/27 6,7面 約6400字
2004年 「グローバリゼーションとスピリチュアリティ復権」中外日報 2004/7/13 約6400字 6,7面。
「グローバリゼーションと民族主義」聖教新聞 2004/9/14 2800字
2005年 「平和の構築-対話する意志と力-」『京都仏教』2005/1月号 77号 pp.4-5 約3200字
「IAHR世界大会を終えて-宗教と暴力・新宗教・カルト問題-」中外日報 2005/4/21 約3200字 6面。
櫻井義秀「スペイン・国際カルト研究学会大会報告」中外日報 2005/8/23 約3200字
櫻井義秀「市民社会形成の担い手に宗教組織はなりうるか -新宗教の国際協力をどう評価するか-」新宗教新聞 2005/4/25  約800字
2006年 櫻井義秀「アメリカのカルト事情2006」中外日報 2006/8/5 約3200字
櫻井義秀「文系大学院―将来への戦略と展望」『失敗しない大学院進学ガイド』日本評論社、46-47頁。
2007年 櫻井義秀「韓国と日本 宗教文化交流の諸相」中外日報 2007/1/13 約3200字
櫻井義秀 「スピリチュアリティ・ブームと下流化」日本学士会報 第865号、129-134頁。(約5,600字)
2008年 櫻井義秀「中国のカルト問題研究集会に参加して」中外日報 2008/1/19 約3200字
櫻井義秀「国際カルト研究学会大会に参加して フィラデルフィア」中外日報 2008/8/2 約3200字
櫻井義秀「カルト問題に見る公共性の意識」『消費者法ニュース』77号、246-248頁(約5200字)。
櫻井義秀「著者に聞く 『東北タイの開発僧-宗教と社会貢献』梓出版社」国際宗教研究所ニュースレター第58号、17-22頁。
櫻井義秀「自著『東北タイの開発僧-宗教と社会貢献』を語る ―「タイを学ぶ本」第8回」『タイ国情報』42-6:22-26
2009年 櫻井義秀「国際宗教社会学会大会報告 -サンチャゴ・デ・コンポステーラ2009」中外日報、2009/9/8 約3200字。
櫻井義秀「中東欧の教会と社会 宗教多元化時代の教会運営」中外日報 2009/12/5
2010年 櫻井義秀「論談 統一教会―日本宣教の戦略と韓日祝福」中外日報 2010/5/1 約3200字。
櫻井義秀「タイを学ぶ本15回 自著を語る 『現代タイにおける社会的排除と包摂』」『タイ国情報』44-3:85-93
櫻井義秀「論談 第二十回IAHRトロント大会に参加して」中外日報 2010/9/4 約3200字。
櫻井義秀「開かれた宗教と社会貢献活動」『第三文明』10月号、23-27頁。
櫻井義秀「論談 北京フォーラム2010に参加して」中外日報 2010/11/20 約3200字。
2012年 櫻井義秀,2012,「論談 宗教多元主義 現代宗教社会学の課題」中外日報 2012/8/23 約3200字。
櫻井義秀,2012,「スピリチュアリティ・ブームと現代社会」慶應義塾大学通信教育部『三色旗』774号、19-23頁。
櫻井義秀,2012,「論談 東チベット探訪-復興するチベット仏教と中国の宗教政策」中外日報 2012/10/6 約3200字。
櫻井義秀,2012,「現代日本の宗教最前線1 比較宗教社会学の視座から」『寺門興隆』2012-10:78-83.
櫻井義秀,2012,「現代日本の宗教最前線2 オウム真理教問題」『寺門興隆』2012-11:106-111.
櫻井義秀,2012,「中欧の宗教散策 ドイツの上座仏教・ハンガリーのユダヤ教・クロアチアのカトリック」中外日報 2012/12/6 約3200字。
櫻井義秀,2012,「現代日本の宗教最前線3 オウム信徒の社会適応性」『寺門興隆』2012-12:110-115.
2013年 櫻井義秀,2013,「現代日本の宗教最前線4 韓国新宗教が日本で問題なわけ」『寺門興隆』2013-1:124-129.
櫻井義秀,2013,「現代日本の宗教最前線5 地上天国を信じた日本人女性信者は韓国でどうしているか」『寺門興隆』2013-2:132-137.
櫻井義秀,2013,「現代日本の宗教最前線6 なぜ多くの人が教団の勧誘に乗り言いなりになるのか」『寺門興隆』2013-3:116-121.
櫻井義秀,2013,「現代日本の宗教最前線7 体罰はカルトと同じく人を使い捨てする社会の象徴か」『寺門興隆』2013-4:124-129.
櫻井義秀,2013,「現代日本の宗教最前線8 宗教勧誘から大学生を守る」『寺門興隆』2013-5:130-135.
櫻井義秀,2013,「カルト問題と公共性-報道と裁判」『消費者法ニュース』95:216-219
櫻井義秀,2013,「現代日本の宗教最前線9 社会への信頼や期待を失うわけ」『寺門興隆』2013-6:134-139.
櫻井義秀,2013,「現代日本の宗教最前線10 人類が進化するために宗教が必要だった本等の理由」『寺門興隆』2013-7:130-135.
櫻井義秀,2013,「現代日本の宗教最前線11 なぜ人は占いや疑似科学に取り込まれてしまうのか」『寺門興隆』2013-8:118-123.
櫻井義秀,2013,「現代日本の宗教最前線12 若者を狙う自己啓発セミナー」『寺門興隆』2013-9:114-119.
櫻井義秀,2013,「現代日本の宗教最前線13 日本人はなぜ内向きか」『寺門興隆』2013-10:120-125.
櫻井義秀,2013,「現代日本の宗教最前線14 寺は世襲でやっていけるか」『寺門興隆』2013-11:118-123.
櫻井義秀,2013,「現代日本の宗教最前線15 政治に利用されない神道に」『月刊住職』2013-12:128-123.
2014年 櫻井義秀,2014,「現代日本の宗教最前線16 日本でペット供養流行るわけ」『月刊住職』2014-1:128-133.
櫻井義秀,2014,「現代日本の宗教最前線17 個人化とナショナリズム」『月刊住職』2014-2:122-127.
櫻井義秀,2014,「現代日本の宗教最前線18 非常事態宣言にかかわらず首都機能麻痺が続くわけ」『月刊住職』2014-3:134-139.
櫻井義秀,2014,「現代日本の宗教最前線19 国家統治に仏教と正法を使うジレンマ」『月刊住職』2014-4:124-129.
櫻井義秀,2014,「現代日本の宗教最前線20 タイ開発僧と社会参加仏教」『月刊住職』2014-5:130-135.
櫻井義秀,2014,「現代日本の宗教最前線21 中国の少数民族チベット仏教政策は何をもたらしたか」『月刊住職』2014-6:128-133.
櫻井義秀,2014,「現代日本の宗教最前線22 中国の弾圧によりかえってチベット仏教は興隆した?」『月刊住職』2014-7:132-137.
櫻井義秀,2014,「現代日本の宗教最前線23 震災と原発の被災者にこれから宗教ができること」『月刊住職』2014-8:124-129.
櫻井義秀,2014,「現代日本の宗教最前線24 福祉は宗教の事業であったことを今改めて問うために」『月刊住職』2014-10:122-127.
櫻井義秀,2014,「現代日本の宗教最前線25 台湾の現代仏教の巨大化は民主化といかに関係するか」『月刊住職』2014-11:120-125.
櫻井義秀,2014,「現代日本の宗教最前線26 求められるままに僧侶はただ傾聴すればよいのか」『月刊住職』2014-12:126-131.
2015年 櫻井義秀,2015,「現代日本の宗教最前線27 地域を立て直すのは仏教か」『月刊住職』2015-1:130-135.
櫻井義秀,2015,「現代日本の宗教最前線28 なぜ韓国は今になって従軍慰安婦問題を問うのか」『月刊住職』2015-3:132-137.
櫻井義秀,2015,「現代日本の宗教最前線29 アジアの奇跡と言われる韓国にキリスト教急伸の真相」『月刊住職』2015-4:132-137.
櫻井義秀,2015, 「現代日本の宗教最前線30 日本にも宣教する韓流キリスト教の実力と信者獲得策」『月刊住職』2015-6:130-135.
櫻井義秀,2015, 「現代日本の宗教最前線31 日本で爆買いする中国人に潜む不安と尼僧への眼差し」『月刊住職』2015-7:128-133.
櫻井義秀,2015, 「現代日本の宗教最前線32 東アジアの社会福祉と宗教」『月刊住職』2015-8:130-135.
櫻井義秀,2015, 「現代日本の宗教最前線33 ホームレス急増の現実に宗教者の支援はいかにして可能か」『月刊住職』2015-9:128-133.
櫻井義秀,2015, 「現代日本の宗教最前線34 大東亜戦争とイスラーム国」『月刊住職』2015-10:130-135.
櫻井義秀,2015, 「現代日本の宗教最前線35  人はなぜ聖地巡礼するか」『月刊住職』2015-12:134-139.
櫻井義秀,2015,「随筆・随想 カルト問題①②③④」『中外日報』2015年10月6,9,12,15日連載。各号約800字。
櫻井義秀,2015,「キャンパス内のカルト問題を考える①グローバル化と現代宗教 信教の自由をめぐって ② カルトからの回復 ③信教の自由と教育責任」『全仏』615-17号連載。各号約3200字。
2016年 櫻井義秀,2016, 「現代日本の宗教最前線36  宗教は何のためあるか 脳科学で何がわかったか」『月刊住職』2016-2:134-139.
櫻井義秀,2016, 「現代日本の宗教最前線37  日本人が幸せになるには豊かさか宗教が必要か」『月刊住職』2016-3:126-131.
櫻井義秀,2016, 「現代日本の宗教最前線38  日韓幸福感の低さと宗教」『月刊住職』2016-4:122-127.
櫻井義秀,2016, 「現代日本の宗教最前線39  人口減少社会の寺院」『月刊住職』2016-5:126-131.